フィリピン針生旅日記

フィリピン一人旅 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年7月~フィリピン ネグロス島 バコロド その2

005-cguvbjk.jpg


それでは、今回バコロドシティに泊まった宿を紹介しましょう。

ペンションバコロドは、名の知れた某歩き方にも掲載されているはず。

前回3年ほど前に行った時、あいにく満室で博物館の近くにある政府系の宿に泊まった。

今回は雨季のためか空室があり、ファンルームにチェックインできた。ベッドは二つあり?シャワー室

トイレは共同だが、リーズナブルな220ペソ。

雨季でそれほど猛暑でもないためか、夜は隣室に泊まりに来るアベックのもだえ声を聞きながら

一夜を過ごす。泣!!!


006-vubn.jpg


場所は、フィリピンナショナルバンク バコロド支店 向かい、日本料理KAISEIの 脇道を300mほど

歩いた奥にある。

近所に商店 飯屋がないことが不便で、運動がてら町中まで食べに行っている。※宿の1階にレストランあり。

今回は、長期滞在と言う事情からか、マンスリー契約はできないか?とフロントに尋ねたが、

それは出来ないと言われる。



009-vvhbjbnkn.jpg


マニラやアンヘレスに比べれば、安いし部屋も広いし、窓もあるから長期滞在にはまぁ合格点と言える

かな?

ベトナム 中国に比べればフィリピンの宿事情は、かなりレベルが低いと感じるが、私も事情があるため、

ネグロスに篭る。?

この時期、エアコンは要らない程度の暑さのため、扇風機でOKだ。

おそらく、ハイシーズンはもう少し部屋の値段もあがることだろう。

夜になると毎晩アベックが宿にしけこんでくるのを見ると、この宿はラブホテルの要素も兼ねているようだ。


004-cgrsghnknm.jpg


初日に泊まった部屋は、wifi電波が繋がり、夜喜んでいたが、あいにく両サイドのお隣りさんたちが

子作りに励みにきてこっちはひとりでむなしく雑音に悩まされ、翌朝部屋を2階に変えてもらう。笑

003-vhsvcibasc.jpg


東京の某なんとかオフィスに仕事のため、しけこんでいる寝床より、ここは全然広くてこれで神経も

だいぶ改善された模様。笑

皮膚がデリケートなのか、それとも敷き布団に虫が潜んでいるのか、体のあちこちかゆい。

船のベッドでもかゆくて中国で買った軟膏でさえも、まったく効かない。

007-vyvgigb.jpg


見た目もさることながら、料理もまずまずの塩梅だったレストラン。

おかずは30ペソから、ライスは10ペソ、町の食堂より少し高いかな?

パソコンを持っていれば、wifi無料でネットにつなげるし、テレビ観戦もできる。

レストランもエアコンはない。

008-cvjjeh.jpg


別棟には、中庭があって家族連れが滞在できる部屋もあった。

最近、フィリピンもwifi化が進んできたようで、一人身で女遊びに興味がない私には、ナイスだよ。~

そうは言ってもこの界隈で外人は目立つので、日本語の上手な女に毎日電話攻勢される。

何?違いますよ。モテテいるわけではなく、フィリピン恒例の魚釣りのようだ。

しきりにサトウキビ畑を持たないか?と誘われるが、こっちとらそんな余裕ないし、だまされるのがおち。

以前 ミンダナオ島でバナナ農園に投資した老人は、多額の資金をつぎ込み、なぜか刑務所に8年も

はめられてたらしい。

その話、空港で本人から聞いたんだ。

儲けるつもりが、刑務所暮らし?なぜ?

疑問に思う前に、フィリピンはそういうこともあると認識すること。

私は、この国で儲けようとは考えない。笑

適度に距離を持って遊べば楽しい人々だ。


003-cbkjnkljdee.jpg

某日、ペンションハウスで知り合った女が、毎度のフィリピンスタイルで遊びの誘いを受けたが、

断ったにも関わらず、私が部屋で寝ていたときに彼女たち家族の飲食代請求がホテル側から来た。

とんでもない連中だ。

私を鴨ろうとしていたことは、わかっていたのだが。

翌日怒りを現して逃げるようにドマゲテイに旅立つ。


002-dcgh  hjnkn


私は、日本語のうまい女には特に気をつけている。

いい鴨、金ずるにされるからだ。

惚れている女でもないし、日本語がうまいからと相手のペースにかかると、無駄銭を使う羽目にあうからだ。

海千山千で慣らした経験は、ワンパターンの連中の計画に私が乗るはずもない。笑

皆さんもひかからないようにしてください。笑

※ 写真はバコロドサウスバスターミナル向かえにある、簡易コーヒーショップです。


001-cgcxrtscghvbnj.jpg


サウスバスターミナルから向かう、ドマゲティ行きはマビナイ経由のため、北周り

経由より早く着きます。(約6時間 ノンエアコンバス258ペソ 2012年現在)

南バスターミナルの近くにリベルタッドマーケットがあり、そこからマンブカルリゾートに向かう

ジプニーが出ています。

怪しい女から逃げるように早起きして宿を出たあとは、満足感で気分爽快?!

その手の女からは逃げるが勝ちです。

※ (私は彼女に対して何も疚しいことはしておりません。)


004-cubjknlx.jpg


こちらの店は以前も訪れたことがあり、ネィティブコーヒーの旨さにつられてか、自然と足が今回も

運んだ。

カンラオン山周辺で収穫するコーヒー豆だそうです。

コーヒー10ペソのみ。

本格コーヒーの香り豊さにしばし、ご満足。

バスはサトウキビ畑を豪快に飛ばし、ネグロス島を横断?する。

ノンエアコンバスだが、この時期さほど暑くは感じず、心地よい風が窓から吹き込んでくる。


005-cyhbnjlnlb.jpg


どこの町を通ってもフィリピンの景色は変わらないね。

そんなこと言ったら、他の人に怒られるかもしれませんな。

しかし、マビナイは高度が高い、山の上にある町なので、涼しく感じた。

それにしてもサトウキビ畑ばかりだ。

地主と小作人、スペイン植民地統治時代、サトウキビ畑を彼らが開拓したそうだ。

今もってぶらぶらしている若い人々は、地主の息子 娘らしい。


006-dcvbkjnln.jpg


以前もこのコースを旅したが、結構心地いいコースですよ。


007-fdhbknklmm.jpg


ネグロス島は、砂糖の生産で有名だ。

ドマゲティの町に近ずくにつれ、サトウキビ畑からココナッツの木が目立ってきた。


008-fgihidfb.jpg



セレスバスは、セブ島でも乗車した記憶がある。

黄色だから目立つよね。

昼飯は、車内で売り子からとうもろこしと落花生を食べた。

野菜不足に陥る私は、肉も好きだがデブになるので避けている。

フィリピン人の体系は、腹が出ていてでぶが多い。

原因は、おかず少なめでライスの食べすぎ。

それとアメリカフード大好きが原因だ。

よく聞く話で糖尿病の人が多いそうだ。



009-dcvbnm.jpg


マビナイは高地のためか、ひんやり涼しい。

いい宿があれば一泊ぐらいしてみたい。


010-dfghj  k  j


マビナイを抜けると、山道をバスは下り、眼下に素晴らしい景色が写った。

あいにく自家用車ではないため、景色を眺めるゆとりはない。


011-fdvhihvbigi.jpg


フィリピンはこのところ、景気がよいそうだ。

若い人々が消費するからだろう。

日本の老人大国は、老後の不安から金を使わなくなった。

野たれ死ぬ老人大国、そんな話はフィリピンでは聞かないが、現実わが国では多く聞く。

海外労働者からの送金額が、GDPの2割もしめるとか。


012-fcdhiughbigi.jpg


良く食べてよく遊び、よく子作りに励み、もうその活気と言ったらすごい、学校なんか2部制とか。

失業率も2割。町のいたるところに質屋、金貸し屋、銀行、毎度おなじみ。

買い物するも量がすごい。

今宵の金は残さない、なんて一昔まえ江戸っ子はそう言ったもんだが、今じゃフィリピンに当てはまる。

人の金でも関係ない、どんどん使って馬鹿な日本人を鴨にしてサンタさんになってもらう?。


013-fhbkbj.jpg


こっちとら、冗談じゃねぇ。

もうその手にはのらねぇし、フィリピン女にはめてもはまりませんよ。笑

皆さんも気をつけましょう。

けちけち財布の紐は固くね。他人の家族の食料 物まで買ってらんねぇ。笑

そのくらい、今フィリピンは消費がすごい。

この人たちお金あればすぐ買いますから。全部残らず買い物しますから。親戚の分まで。笑

私はその感覚が今でも理解できずに過去の女と別れたか!。

かなり余談でした。

終。



001-cbughdsh.jpg



あれ~、船の形をしたい家を発見!

さて、私はドマゲティのどこに泊まるのか?

いがいと泊まるところが少ないドマの町。


002-nifd6on.jpg


とりあえず、初日は、宿のまん前でバスから降りて、前回も泊まったこの宿へ。

シングルファン部屋、160ペソ。

前回は150ペソだったなぁ~。


003-mojdfhbb.jpg



この宿、埠頭から近いが、地元の人に言わせるとこの周辺は治安が悪いそうだ。

部屋に貴重品はおけねぇ~。無いか?


004-vjdtfygbnj.jpg


かわいい子がフロントにいたが、部屋のコンセントが使えずに困った。

あんまり不便すぎても生活できない、女の子が携帯電話を充電してくれたけれど。

005-cybkrdcvhb.jpg


地元の警備員さんが、この周辺は歩くと危ないからトライシイクル(サイドカーつきオートバイタクシー)

に乗りなさいと勧めてくれた。(マーケットまで10ペソ)

本当に10ペソだ。アンヘレスだったら100ペソとると思う。

あの町は風俗歓楽街だし、外人が多いから物価も高くなり、私は長湯できなくなった。

風俗の女の子はあまりきれいな子いませんよ。

せいぜい100人に一人ぐらい。

でも女の子の数は、アジアでパタヤより多いかも?

地元の女の子はきれいな子が多い。

私は、アンヘレスよりベトナムの風俗界隈をお勧めしますね。笑?


009-vuixdthb.jpg



マーケット近くに最近新しく出来たと言う、ビンテージインに泊まることにする。

あいにく12時前だったこともあり、シングルファンルームは欧米人が占領していて、

あえなくその日は、ツインファンルーム(400ペソ)に泊まる。


008-bjxsrtygb.jpg


うわさほど私は良く思わなかったが、この値段のペンションハウスがokペンションとビンテージしかなさそう。

ベトナムでも経験あるが、宿は3階まで吹き抜けになっていて、ピンちゃんのうめき声がえらく響く。

吹き抜けは風通しは良いが、音がこだましてうるさい。




007-vuidftv.jpg


贅沢言えるほど予算に余裕もないが、一応安宿評論家としてコメントする。

宿は、wifiネットが出来ます。

2階で飯は食えるが、マーケットにもたくさん飯屋はある。

場所は便利なところにある。

飲み水 お湯が各階に備えてある。※無料

決まりとして部屋内での喫煙は禁止です。


006-vbjdtyfb.jpg


翌日、シングルファンルームが空いたら変えてくれるように頼んだ。

なぜか、部屋内に電話機がある。

中国の宿は国内長距離電話無料の宿があるけど、ここの宿はフロントとの連絡かな?

このクラスの宿でまさかルームサービスはないだろうね。

しばらく数日泊まらないと宿のよさはわからない。


011-vbkictvh.jpg


ペンションバコロドでかなり安い宿にありつけたが、悪い虫に狙われて残念ながら退散。

400ペソは失業の身である自分には高く感じる。

それでもか?と思われる方もいるだろう。

そういう方は貧乏人の気持ちがわからんのだ。笑

そういう事情から、以前の記憶だけはさえているのか、安い 旨い トロトロ食堂に行きます。

昼間からめちゃ混んでいる。

こちらの食堂は野菜と海草のおかずがある。


012-vbncftyftb.jpg


この日の飯代 しめて21ペソ。

今までで一番安くて旨くて、低カロリーの外食だった。

感謝、感謝。


013-vyvibnj.jpg


翌日、フロントのおばちゃんに頼んで、シングルファンルーム(300ペソ)の部屋が空いたら変えて

くれと頼んだ。

運よく、隣りの部屋が退出したので、すかさずフロントに宿代払うついでに頼む。

ツインベッドだと部屋が狭いし、部屋代も100ペソ高い。

たかが、100ペソ(約200円)と思う人もいるかもしれないが、100ペソで米3kg買える。

何でも日本円に換算したら安く思うが、ここは外国。

そのような感覚の人が現地の悪い女にひかかるのだ。

あ~安いな、フィリピンは何でも安いなぁ~  それは間違いだ。

フィリピンは物価が高いのだ。


※ 写真は宿から見る公共マーケット。


014-cdtbnkm.jpg


ある日、涼しくなった夜、風俗情報はいかがなもんか?と忍び足で街へ繰り出す。

もちろん、多くの期待はしていないが、ナイトライフなくしてどうして精力絶倫っぽい外人がこの町

に多いのか?探索に出た。



015-nihudycb.jpg



宿前の市場には、多くの屋台が軒を並べ始めた。

飯屋も数件ある。

おかずが多い。しかし、肝心の酒がない。


018-xyvbnj.jpg


ベルタワーの前なら、それなりに立ちんぼぐらいいるかと歩いてみたが、まじめなキリスト教徒

が礼拝しているのみ。

017-mioycyvb.jpg


宿には多くの西洋人がひとりで宿泊している。

そんなわけないと、経験豊かな私は、必ずこの街にも出会い系のスポットがあるはずだと。

どこで西洋人は彼女を知り合うのか?

シリマン大学の女学生? それとも出会い系サイト?やっぱりネット経由?

もう、自分にはまったく興味ないことだが、一応風俗ライターの片棒を担ぐ身の私は疑問に思った。

街にはバーが数件あるのみで、肝心のホステスが居るような店は、いまだに発見できん。笑

そっち方面で期待する街ではないが、夜になると風俗ライターの魂が燃えてくるのだ。

埠頭のそばで、掘っ立て小屋のバーから、でぶちゃんのばぁさん数人に声をかけられる。

飲む気なんぞおきんぞ。

飲んだらぼられてあげくに翌日は、ひどい二日酔いになるだけだろう。笑

けちで好みのうるさい私は、アンヘレスの歓楽街でさえ、ブスばかりだと思っているのに。笑


続く。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/07/09(月) 17:25:57|
  2. ネグロス島 ドマゲティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年7月~フィリピン ネグロス島 ドマゲティ  その1 | ホーム | 2012年7月~フィリピン ネグロス島 バコロド その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wow1212.blog60.fc2.com/tb.php/1129-b93f580f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

針生 あつし

Author:針生 あつし
フィリピンの好きなところ。
言葉が通じる。海がきれい。!
人間がおおらかで、ソフトで優しい。
日本人のようにに細かいことにうるさくない。
南国気分を味わえる。
日本の生活に息抜きしたくなったら、フィリピンに行きましょう!



 
  

 
 
 

 


 
 



 
 
 































 


 



 
 









 
 


 




 
 
 

 










 


 


  

 






  




 




  


 



 














 

 





 


 
























 

 



















 





 



































 











 

 
 




 

 
 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
御挨拶 (21)
バナウエ タウン (6)
ルゾン島 バナウエ バダッド (7)
ルゾン島 カンボロ村 (2)
バンガーン村 (4)
バナウエ ハオパオ村 (6)
バギオ (11)
ルゾン島 ベンゲット州 アバタン (1)
ルゾン島 マウンテンプロバンス州 マイニット温泉 (0)
フィリピン素朴女性 (2)
マイニット温泉 (7)
ルゾン島 サガダ (19)
ルゾン島 ベサオ (3)
ルゾン島 ボントック (4)
ルゾン島 ビガン (10)
イロコス州 ラワグ (4)
ルゾン島 アンへレス (12)
ピナツボ火山 (7)
ルゾン島 ラグーナ (1)
ルソン島 マニラ (9)
ルゾン島 サフェルナンド (9)
ネグロス島 ドマゲティ (15)
ネグロス島 バコロド (12)
マンブカルリゾート (3)
ネグロス島 カンラオンシテイ (1)
ボボール島 (6)
スーパーフェリー (9)
シキホール島 (13)
ルゾン島 レガスピ (24)
Mt Amuyao (17)
Mt Napurawan (16)
Mt pulag (40)
セブ島 (3)
ミンダナオ島 ダバオ (10)
Mt Apo (10)
サマール島 (2)
ベトナム編 (16)
ラオス情報 (12)
ミヤンマー情報 (2)
タイ情報 (21)
タイ バンコク (10)
タイ チェンマイ (3)
カンボジア情報 (12)
関西国際空港 (1)
その他 (65)
中国編 (78)
番外編 日本 (4)
自作小説 (36)
ミンダナオ島 キダパワンシティ (1)

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。