フィリピン針生旅日記

フィリピン一人旅 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自作恋愛小説 HIMITSU 禁断の愛 30

V-240.jpg






ベトナムと中国をまたぐ橋は、普段と変わりなく人々の往来があった。二つの河が交す

るところに両国の入管が存在していて、荷物が多い吉雄はたびたび、


中国側の税関で荷検査を厳しく受けることとなった。

「やぁ、参ったよ。カメラのフィルムまで検査させられたぜ。やばい写真なくてよかっ

た。・・・」

「へぇ、写真の検査もあるんですね。・・・」

「そうさ、裸の写真なんか見つかったら大変なことになる。厳しい中国だから

な。・・・・」

ふたりは、肩を並べるように無事中国入国を果たすと、重い荷物を引きずりながら、青

年の宿探しを吉雄は手伝い始めた。

「招待所なら、1泊20元、俺が定宿にしているところは、1泊30元からある。今回俺は、

3泊しかこの町に滞在しないので、少しいいホテルに泊まることにするよ。」

招待所の看板と洋服屋が立ち並ぶ、メイン通りを肩を並べて歩いていた。

とりあえず、青年の宿の世話を終えると、吉雄は置屋街からそう遠くもない、この町で

は比較的中級クラスのホテルに泊まることに決めた。

置屋街からも歩いて数分の距離。その上部屋もかなり広い。

短期で泊まる場合、この程度のホテルなら居心地がよい。吉雄がこのホテルに泊まる大

きな理由は、アラーンと夜をともにしたいからだった。

部屋の中はツインベッドが二つ並んでいたので、今晩アラーンと一夜を過ごすために、

ベッドを隣りあわせにくっつけた。

ハノイでアラーンにハンドバックのブランド物を買ってあげると約束していたので、中

国の町で買ってあげることにした。

当初、ハノイにある高級ブランド グッチを訪れたがあまりの高額で吉雄も財布の中身

が足りなかった。

「すまん、今度中国でいいバック探して買ってあげるから、」

オールナイトを約束したその晩、ホテルの近くにあったかばん専門店で、適当に高くみ

えるかばんを買ってあげた。

正札に700元と記してあったが、実際はもっと安かった。

久々にアラーンと再会した吉雄は、とても新鮮に思えるほど、彼女のことが愛しく思えた。

「えっ!いつものホテルじゃないの?・・」

「うん、歩いてすぐの距離。いいだろ?君の店から近いし便利だしね。・・

部屋は、ふたりにとって充分すぎるほど広かった。

アラーンは、よほど疲れたのか、ベッドの上にハイヒールも脱ぎ捨てるのを忘れるよう

に、大の字になった。すかさず、吉雄は白い紙袋の中からさっき買ったばかりの白いハ

ンドバックを取り出す。

「これ 君に。この町で買ったんだ。・・・・・」

「えっ!・・・いくらしたの。?・・・・・」

値段をいつものように気にして、吉雄に尋ねる。

「どうして?君はいつも俺の買った品物の値段を聞くのかね。・・・」

あわてて、値札を隠す吉雄だった。

「だめだめ、値段なんかどうだっていいいだろう・・・・・」

「えっ!600元もしたの。?・・・」

実は、値札に表示してあった価格より実際の価格は、15パーセントほど値引きされた価

格だった。

牛革で作られたハンドバックは、白色で統一され手提げのチェーンは、輝くほどの金色だった。

ためらいがちに、アラーンはそれを手にすると、吉雄の右ほほに軽くキスをした。

そのままなだれるようにふたりは、衣服を身にまといながら、ベッドの上で体を寄せあ

い、吉雄は彼女の上半身からスリーブ、ブラジャーと少しずつ脱がし始めていた。

息使いが荒くなったとき、アラーンは駆け込むようにシャワールームへ向かって行った。

深夜 3時過ぎ久々に乱れたふたりは、枕に頭を寄せあうと、吉雄からアラーンに話かけていた。

「俺、あさってまたベトナムのハノイに戻るよ。この町に居る理由、わかるよな。君が

いるからだ。他に理由なんかないさ。

中国はとてもいいけど、インターネットが規制されていて、俺が見たいサイトが見れな

い。それに今 病院に罹っている。ハノイのほうが便利なんだ。」

薄くらい照明の下、どこかアラーンの顔にも疲れが見えていた。

「アラーン、少し疲れていないか?皮膚が荒れている。それに覇気が感じられない。・・・」

「最近、疲れやすいの。・・・」

「おまえ、売れっ子だから調子に乗って客とると、体持たないぞ。・・・」

この商売も日々 売り上げに波があるためか、忙しいときと暇なときに差があった。

「明日もオールナイトする?・・・・」

「うん? もちろんだけど他の客とのスケジュールいいのか?俺ばかり連日オールナイ

トだと他の常連客の穴埋めができなくなるぞ。」

「いいのよ。気にしなくても。中国人客は、あなたと違ってみんな私とセックスサービ

スだけが目的よ。本当、あの人たち、けだものよ。・・・・」

アラーンは、置屋の中でもかなり人気のある娼婦として君臨していた。

それも一重に、彼女のセックスサービスが抜群に他の娼婦よりよかったからだ。

年齢こそ30歳を越え、肌の年輪も若い女性にはかなわないが、それを上回るほどに客を

呼び込むテクニックを持っていた。

ベトナム娼婦の多くは、客と恋愛感情を抱くことを避ける。

その理由の多くは、ただお金を稼ぐために客とセックスサービスすることに集中したいからだ。

売春価格も現地中国人娼婦より、格段に格安であるためか、客の回転率を上げなければならい。

いちいち、客一人一人にまともな恋愛感情や、好意を抱いていたら身も心ももたない。

早く終わらせて客を気持ちよくさせて、お金を得られればそれでいいという考えの娼婦が多い。

中には、タイプの客に指名されれば、ひとときのラブゲームに走る子がいるのも否めない。

常連客は、女たちの携帯電話に登録しておき、暇な日は彼らに電話営業するのが通常だった。

そして、メインはやはりツーリスト客、いわゆる新規の客で常連客より高い値段をふっ

かけられるという理由からだ。

毎回、同じ男に抱かれるより、新鮮味のある新規客に引かれるというのもうそではない

事実だ。

それがベトナム流、売春ビジネスの考え方だった。

アラーンも例外ではなかった。
 
吉雄から誘いの電話がくると、うれしいときとまたか?・・・と落胆するときも度々

だった。

一般的な飲み屋と違い、売春常連客は、彼女たちからすればあまり深入りしたくない、

人間関係だったのかもしれない。






続。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/08/20(月) 06:00:07|
  2. 自作小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自作恋愛小説 HIMITSU 禁断の愛 31 | ホーム | 自作恋愛小説 HIMITSU 禁断の愛 29>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wow1212.blog60.fc2.com/tb.php/1171-b31c08dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

針生 あつし

Author:針生 あつし
フィリピンの好きなところ。
言葉が通じる。海がきれい。!
人間がおおらかで、ソフトで優しい。
日本人のようにに細かいことにうるさくない。
南国気分を味わえる。
日本の生活に息抜きしたくなったら、フィリピンに行きましょう!



 
  

 
 
 

 


 
 



 
 
 































 


 



 
 









 
 


 




 
 
 

 










 


 


  

 






  




 




  


 



 














 

 





 


 
























 

 



















 





 



































 











 

 
 




 

 
 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
御挨拶 (21)
バナウエ タウン (6)
ルゾン島 バナウエ バダッド (7)
ルゾン島 カンボロ村 (2)
バンガーン村 (4)
バナウエ ハオパオ村 (6)
バギオ (11)
ルゾン島 ベンゲット州 アバタン (1)
ルゾン島 マウンテンプロバンス州 マイニット温泉 (0)
フィリピン素朴女性 (2)
マイニット温泉 (7)
ルゾン島 サガダ (19)
ルゾン島 ベサオ (3)
ルゾン島 ボントック (4)
ルゾン島 ビガン (10)
イロコス州 ラワグ (4)
ルゾン島 アンへレス (12)
ピナツボ火山 (7)
ルゾン島 ラグーナ (1)
ルソン島 マニラ (9)
ルゾン島 サフェルナンド (9)
ネグロス島 ドマゲティ (15)
ネグロス島 バコロド (12)
マンブカルリゾート (3)
ネグロス島 カンラオンシテイ (1)
ボボール島 (6)
スーパーフェリー (9)
シキホール島 (13)
ルゾン島 レガスピ (24)
Mt Amuyao (17)
Mt Napurawan (16)
Mt pulag (40)
セブ島 (3)
ミンダナオ島 ダバオ (10)
Mt Apo (10)
サマール島 (2)
ベトナム編 (16)
ラオス情報 (12)
ミヤンマー情報 (2)
タイ情報 (21)
タイ バンコク (10)
タイ チェンマイ (3)
カンボジア情報 (12)
関西国際空港 (1)
その他 (65)
中国編 (78)
番外編 日本 (4)
自作小説 (36)
ミンダナオ島 キダパワンシティ (1)

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。