フィリピン針生旅日記

フィリピン一人旅 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mt Napulawan 登頂

Mt Napulawan 登頂に挑む



IMGP3398.jpg

こんにちわ。 いよいよ 登頂前日もおしせまってきました。

IMGP3399.jpg

水田の田植えも少しずつ進んでいます。稲の緑色が目をやすらいでくれます。

IMGP3400.jpg

こちらの建物の左を曲がって川沿いに進むと 露天風呂があります。楽には行けませんが、景色を

楽しみながら 歩くととても気持ちがいいですね。

IMGP3401.jpg

豚さんたちも 元気に見送ってくれるのでしょうか?

IMGP3403.jpg

この教会が村のラウウンド マークになりますね。


IMGP3404.jpg

田園が一望できますね。これから農民の皆さん 忙しくなりますね。がんばってくださいよ。

IMGP3407.jpg

登山日 2009年 2月3日 早朝 我々は6時に約束いたしました。宿の女の子 オーナーたちは、

まだ深夜早朝から私たちのために、お弁当と朝食の準備をしてくれました。皆揃って 朝食後の写真

です。彼ら3人は テーブルの前 横1列に座り お祈りを始めました。一番の年長者が何か 目を

つぶりながら、唱えていました。神に祈りをささげているのでしょう。とても誠実さが伝わってきました。

私は?異教徒なので、じっと彼らを見守っていました。まじめだな~。感心していました。

IMGP3610.jpg

宿の部屋のまわりには、イフガオの伝統ナイフが飾ってある。そこで1枚私の写真をとった。

インターネットにおいて製作者 自身の写真はご法度であろうかと 思うが、私自身の記念にもなる

と思い 掲載させていただきます。顔の傷は 前回の登山で作ってしまいました。今現在も消えること

なく 顔面に残っています。去年の入院生活から一転 今年からの再生を記念しての公開です。

入院中の点滴 輸液の効果かどうかしりませんが、いきなり生 に対して貪欲になりました。人間

生死をさまよい よみがえるとこうも変わるのか? 気力をもって今後も生きていきたい と思います。

とりあえずは Mt Napulawan 登頂めざしてがんばろう。その記念のスナップである。

IMGP3412.jpg

今回 Mt Napulawan 登山の中心的 リーダーのMr Marukosさんであります。2人もこどもを

持つよきパパさんです。奥さんはレバノンで今現在 働いています。さみしいだろうな。彼はこの山で

以前登山レースの優勝者であります。2時間30分のレコードをだし、優勝賞金3500ペソを手に入れ

ました。すごいですね。山道走るのですからね。

IMGP3411.jpg

若手の彼は若干20歳。寡黙な青年です。温泉にも前日 同行してもらいました。長靴はいて山を

登るんですから、すごいですね。すごくまじめな青年です。

IMGP3433.jpg

彼はまだ15歳、幼い顔立ちからもわかりますが、まだ子供。英語があまり話せません。脚力は若い

だけあってすごいですね。どんどん さきに歩きます。おじさん 付いていけませんでしたよ。

とてもよく働いてくれました。山の子はやはり 都会人とは違う 肉体を持っていますね。

IMGP3410.jpg

さあ~スタートです。6時はまだ薄暗いけど 生きましょう。登山口はHapaoからです。暑くなる前から

歩き始めましょう。 皆 仲良く 楽しく 登ろう 



にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/13(月) 10:03:06|
  2. Mt Napurawan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Mt Napulawan 登頂 | ホーム | Mt Napulawan 登頂>>

コメント

今晩は、少しやせましたか?「病気のせい」?
精悍な顔つきになった。たばこはまだ飲んでいますか?
やめたのなら、幸いです。自分フィリピン、初めてなので
マニラは通過して、またアンへレスも通過して、海から山の方面へ。
バナウェイまでいけたらいい。ひとり、ぼちぼちいきます。
高脂血症の痛風持ち言葉の勉強もしながら、、、ぼちぼち
  1. 2009/04/13(月) 20:21:56 |
  2. URL |
  3. masashi #-
  4. [ 編集]

こんにちわ。masahiさん コメントいつもありがとうございます。今 フィリピンを旅されて
いるようですね。是非 楽しんできてください。バナウエいかれましたら、是非 バダットライステラスを見物してきてください。素晴らしい 風景が見られます。私事で、恐縮ですが、私のブログも参考になれたらと思います。また あらたに新天地 秘境の楽天地にいかれましたら、ご紹介ください。旅の安全をお祈りします。
  1. 2009/04/14(火) 16:45:13 |
  2. URL |
  3. 針生 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wow1212.blog60.fc2.com/tb.php/164-d0fc8b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

針生 あつし

Author:針生 あつし
フィリピンの好きなところ。
言葉が通じる。海がきれい。!
人間がおおらかで、ソフトで優しい。
日本人のようにに細かいことにうるさくない。
南国気分を味わえる。
日本の生活に息抜きしたくなったら、フィリピンに行きましょう!



 
  

 
 
 

 


 
 



 
 
 































 


 



 
 









 
 


 




 
 
 

 










 


 


  

 






  




 




  


 



 














 

 





 


 
























 

 



















 





 



































 











 

 
 




 

 
 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
御挨拶 (21)
バナウエ タウン (6)
ルゾン島 バナウエ バダッド (7)
ルゾン島 カンボロ村 (2)
バンガーン村 (4)
バナウエ ハオパオ村 (6)
バギオ (11)
ルゾン島 ベンゲット州 アバタン (1)
ルゾン島 マウンテンプロバンス州 マイニット温泉 (0)
フィリピン素朴女性 (2)
マイニット温泉 (7)
ルゾン島 サガダ (19)
ルゾン島 ベサオ (3)
ルゾン島 ボントック (4)
ルゾン島 ビガン (10)
イロコス州 ラワグ (4)
ルゾン島 アンへレス (12)
ピナツボ火山 (7)
ルゾン島 ラグーナ (1)
ルソン島 マニラ (9)
ルゾン島 サフェルナンド (9)
ネグロス島 ドマゲティ (15)
ネグロス島 バコロド (12)
マンブカルリゾート (3)
ネグロス島 カンラオンシテイ (1)
ボボール島 (6)
スーパーフェリー (9)
シキホール島 (13)
ルゾン島 レガスピ (24)
Mt Amuyao (17)
Mt Napurawan (16)
Mt pulag (40)
セブ島 (3)
ミンダナオ島 ダバオ (10)
Mt Apo (10)
サマール島 (2)
ベトナム編 (16)
ラオス情報 (12)
ミヤンマー情報 (2)
タイ情報 (21)
タイ バンコク (10)
タイ チェンマイ (3)
カンボジア情報 (12)
関西国際空港 (1)
その他 (65)
中国編 (78)
番外編 日本 (4)
自作小説 (36)
ミンダナオ島 キダパワンシティ (1)

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。