フィリピン針生旅日記

フィリピン一人旅 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現地生存情報  中国  交通事情

フィリピン 中国 旅行交通手段 事情



こんにちわ。私もフィリピン 全島 旅したわけではないのでえらそうなこと 言えませんが、主に飛行

機 バス 船 が主な交通手段でした。国内線の飛行機は、搭乗したことありません。

中国は 鉄道が加わります。鉄道網は、ものすごく発達しているようです。大きい駅に、外国人専用

の案内所らしきものは、まだ見かけていません。長距離の寝台車切符は、かなり前から購入しないと

手に入れることできなようです。また 代理店みたいなところもあるようです。私も個人で旅しています

ので、すべて、ガイドブックとネット 旅先からの情報のみです。切符を買うときは、長い列に並んで、

メモ紙に行き先 乗る列車の種類 日付けなどを 細かく書かなければなりません。ひらがなは、

駅員も読めません。(当たり前) すべて漢字です。それで通じます。ですから紙 ボールペンは必需

品ですね。もう 大変。

それに比べたら、フィリピンは片言の英語で十分 子供から老人まで通じます。とても楽。

英語が通じないタイなどでも 駅やバスターミナルには、英語話せる人がいたり、英語のパンフレット

がありました。中国はおそらく、絶対的に現地人のほうが多いですから 外人観光客はあまり重視

しなくても、中国人旅行者のほうが、圧倒的に多いということですか?。

鄭州から西安まで夜行バスで7時間 あっという間につきました。鉄道は硬座といいまして、3等なら

乗車する日にも切符は手に入りやすかったです。でも始発列車が座れるからいいと思います。

バスの運転はフィリピンも中国も運転手 乱暴ですね。安心しては、乗れません。?

最近なれてきました。信用するしかありませんね。中国の鉄道はいいですね。南京で鄭州まで駅員

に任せてかったら、最高時速206kmもだす、高速列車 和偕号に乗っちゃいました。どおりで、運賃

高いわけでしたよ。その日 7月22日 午前10時ごろでしたか、日食の話は聞いていましたので、

外が一時期 真っ暗になってしまいましたよ。上海にいた人は、残念なことに見ることできなかった

そうです。そのために上海まできたのにね。残念でしたね。



にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2009/08/11(火) 07:29:56|
  2. 中国編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ネグロスへ行く | ホーム | 現地生存情報 リポート イン 中国>>

コメント

ニイハオ 針生さん 中国を満喫してるようですね

でも腹たつ事も数え切れないくらいあるでしょ?

ご存知と思うけど長距離の寝台車切符はダフ屋が抑えてるようで

出発2~3時間くらい前に駅に払い戻され我々が窓口で購入出来ることが有りますよ

私も2回ほど2時間くらい前に再度、窓口に並んで硬座から寝台に交換したことがありました
  1. 2009/08/11(火) 20:40:34 |
  2. URL |
  3. あじあの☆くん #tefX1ZkU
  4. [ 編集]

あじあの☆さん、コメントありがとうございます。腹がたちすぎたことが、昨日はたくさん ありました。朝一番 宿のトイレで側面から人民のけつを3人も見てしまったこと。そのあと、人民は、便を流さないで、立ち去っていったこと。次に麗江に行くため チケット買うため 並んでいたら、人民が当然のごとく割り込んだこと。バス車内の中で、隣の席のおばさんが最後まで、ゲロはいていたことです。そして、バスは山道が土砂崩れのため、6時間も立ち往生し、山奥で大渋滞したことです。チケットダフ屋が抑えているため、出発間じかにチケット売り場混むのですね。わかりました。ありがとうございます。
  1. 2009/08/12(水) 14:49:37 |
  2. URL |
  3. 針生あつし #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wow1212.blog60.fc2.com/tb.php/325-5ab4d386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

針生 あつし

Author:針生 あつし
フィリピンの好きなところ。
言葉が通じる。海がきれい。!
人間がおおらかで、ソフトで優しい。
日本人のようにに細かいことにうるさくない。
南国気分を味わえる。
日本の生活に息抜きしたくなったら、フィリピンに行きましょう!



 
  

 
 
 

 


 
 



 
 
 































 


 



 
 









 
 


 




 
 
 

 










 


 


  

 






  




 




  


 



 














 

 





 


 
























 

 



















 





 



































 











 

 
 




 

 
 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
御挨拶 (21)
バナウエ タウン (6)
ルゾン島 バナウエ バダッド (7)
ルゾン島 カンボロ村 (2)
バンガーン村 (4)
バナウエ ハオパオ村 (6)
バギオ (11)
ルゾン島 ベンゲット州 アバタン (1)
ルゾン島 マウンテンプロバンス州 マイニット温泉 (0)
フィリピン素朴女性 (2)
マイニット温泉 (7)
ルゾン島 サガダ (19)
ルゾン島 ベサオ (3)
ルゾン島 ボントック (4)
ルゾン島 ビガン (10)
イロコス州 ラワグ (4)
ルゾン島 アンへレス (12)
ピナツボ火山 (7)
ルゾン島 ラグーナ (1)
ルソン島 マニラ (9)
ルゾン島 サフェルナンド (9)
ネグロス島 ドマゲティ (15)
ネグロス島 バコロド (12)
マンブカルリゾート (3)
ネグロス島 カンラオンシテイ (1)
ボボール島 (6)
スーパーフェリー (9)
シキホール島 (13)
ルゾン島 レガスピ (24)
Mt Amuyao (17)
Mt Napurawan (16)
Mt pulag (40)
セブ島 (3)
ミンダナオ島 ダバオ (10)
Mt Apo (10)
サマール島 (2)
ベトナム編 (16)
ラオス情報 (12)
ミヤンマー情報 (2)
タイ情報 (21)
タイ バンコク (10)
タイ チェンマイ (3)
カンボジア情報 (12)
関西国際空港 (1)
その他 (65)
中国編 (78)
番外編 日本 (4)
自作小説 (36)
ミンダナオ島 キダパワンシティ (1)

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。